キーワードから検索

NEWS&TOPICS

2018
05/25
CSRリーダー(CSR検定3級)合格
CSR

東京営業所 安江所長がCSR検定委員会主催のCSR検定3級に合格しました。

CSRとは、企業が利潤を追求するだけでなく、事業活動が社会に及ぼす影響に責任をもち、あらゆるステークホルダー(利害関係者:消費者、投資家等、及び社会全体)からの要求に対して、適切な意思決定を行うことを指します。CSRを根底とした経営は、企業にとって自らの永続性を実現するだけでなく、持続可能な未来を社会とともに築き上げる活動とも言え、循環型経営(サーキュラーエコノミー)が求められるこれからの時代に必須となる考え方です。今回の検定試験3級の合格は、そんなCSRへの理解を深め、会社の中でこれを推進することのできる者「CSRリーダー」として認められます。安江所長にはこの検定合格を機会に、辰美産業がより一層、お客様と地域の皆様に愛される企業となれるように、今回学んだ知識を活かして活躍してもらいたいと思います。